へっぽこゲーム開発者の日々あれこれ

ゲームを開発しながら日々考えていることなど

ゲームを開発する事に改めて思った事

ゲームを開発する仕事を始めて結構長い時間を使ってきました。何も考え無しにゲーム会社まで自分で作って潰して・・・・・・そしていまだにゲーム開発をおこなっています。

 

会社を潰してから、その傷が癒えぬまま、生きるためにゲーム会社に就職をしましたが、日々仕事に対してがむしゃらになれない自分がいました。


悶々と三年が過ぎていき、ゲームの開発を続けています。
しかし、今のままでは、このままでは、ゲーム開発を続けてもしんどい。そう思い続けていたのも事実です。無為に時間だけが過ぎ、仕事を、作業をこなしている感じ。
心が晴れない状態でした。

先日、ある人からアドバイスを頂きました。何のために生きるのか、何のためにゲームの開発しているのか・・・・・・そう問われました。

自分は考え直しました。何故、開発をするのか・・・・・・
「小学校の時であったあるゲーム。そのゲームをプレイして感動し涙まで流れた。自分もそんなゲームを作りたい。作り出す人になりたい」
そう思った、あの時のキオクが・・・・・・戻りました。

ふと我に返りました。自分が会社を起こして潰してまで、そして改めてゲーム開発の会社に入ったのは何故?


「作りたいゲームがあるからだろ」


そう思ったとき、心が晴れる思いがしました。
「感動するゲームを作るため」にここまで一生懸命生きてきた。
自分のやるべき事が見えた気がしました。

改めて自分をリスタート。

「プレイするみんなに感動を与えるゲームをつくる」

そのために、日々の記録をつづり、ゲームについて考えていきたいと思います。